UMBRELLA槙田の傘

From yarn to umbrella

Our umbrellas are all made with woven jacquard textile, using beautiful yarns dyed and washed with pure water from mount fuji. Cut into the parts, sewed, built, all these processes by craftsmen’s skillful hands.

糸1本から傘まで

槙田商店の傘で使われている布は、すべて織生地。繊細な模様も大胆な絵柄も、富士山の雪解け水で鮮やかに染められた糸を織ったジャカード生地です。 服地づくりで培われた技術と傘を組み合わせることで他にはない傘を生み出してきました。 それを様々な木型に合わせてパーツにカットし、縫製し、組み立て、ひとつひとつすべて職人たちの手で仕上げられます。
西桂の自然
西桂の自然
これぞ槙田の伝統傘the Makita’s tradition since 1866

Hybrid of technique and chicness

We have inherit the Kaiki silk tradition which was cherished by wealthy Edo citizen and our umbreall “1866” expresses all essence these inherit. Using water proof chambray textile for outer surface and cut jacquards for inside and built with Kawazu-bari, ancient technique of umbrella making.

高い技術と粋の融合

江戸以降、粋な町民に愛された甲斐絹の伝統を引き継ぐ槙田商店。たとえば創業年である1866を名にした傘“1866”はまさにそれを体現したもの。 蛙張りの技を使い、表地は見る角度で色が変わるシャンブレーの撥水仕上げ。内側は服地作りの経験を生かしたカットジャカードを使用。閉じた姿も、開いた時も、この上なく美しい傘は他にはない特別な傘です。
新しい取り組みから生まれる傘New umbrella with new challenge

Hybrid of fashion and umbrella

Since 1866, Makita shoten has respected the importance of creativity for the future. One good example is the umbrella named “SAI=vegetable” which looks like corn, carrot and beans, impressive with textured textile like vegetable itself、using knowhow of umbrella as well as garment textile. Makita shoten is challenging new possibilities of collaboration, for example, unique kids rain wear by Franky Glow and famous illustration by Stig Lindberg becomes precise jacquard woven umbrella.

ファッションと傘づくりをつなぐもの

伝統や技術と同様に未来への創造性を大切にしてきた槙田商店のスピリットが新しい傘を生み出しています。 世にも不思議な魅力に溢れた傘 “菜”(sai)は従来の傘生地と服地を橋渡しする発想で、野菜のシワやボコボコとした表情をテキスタイルに落とし込むという至難の技を熟練の職人たちと一緒に形にしたもの。子供服ブランド・フランキーグロウのポップな世界観とのコラボレーションで生まれたレイングッズやスティグ・リンドベリのイラストを緻密な織り生地で表現したものなど熟練の職人と若い発想の出会いが新しい傘を生み出しています。
  • makita1866 facebook
  • instagram
  • blog

↑ PAGE TOP