ABOUT US

会社理念

まず売上至上主義にならないよう行動すること。
また、群内地域の織物産業の活性化のために考え、行動すること。
さらに商品やサービスを常にお客様の立場に立って考え続け、そしてその考えをもとに商品を創り上げ、満足して買って頂くこと。

CORPORATE PHILOSOPHY

our business should not be only for supremacy of sales.
what we work for is to activate the whole weaving industry of our region.
and we keep on thinking about our clients and create products and services.our products are all for our clients satisfaction.

会社概要

CORPORATE DATA

社名
Company Name
株式会社 槙田商店
MAKITA-SHOTEN CO.,LTD
創業
Founded
1866年(1978年より株式会社槙田商店となる)
代表取締役
CEO
槙田 則夫
NORIO MAKITA
事業内容
Business
織物製造卸
Textile manufacturing wholesale
資本金
CAPITAL STOCK
2,000万円
20 million YEN
所在地
ADDRESS
〒403-0022
山梨県南都留郡西桂町小沼1717
1717 ONUMA NISHIKATSURA MINAMITSURU YAMANASHI 403-0022
TEL 0555-25-3111
FAX 0555-25-2997
取扱品
Products
服地・傘生地・傘
Cloth fabric, Umbrella and its fabric
主要得意先
Business connection
ムーンバット株式会社(MOONBAT CO.,LTD)・オーロラ株式会社(Aurora Co., Ltd)・株式会社前原光栄商店(maehara koei shoten)
株式会社イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE INC)・外村株式会社(Tonomura Co., Ltd.)
主要取引銀行
Main bank
山梨中央銀行 小沼支店
The Yamanashi Chuo Bank, Ltd.

沿革

慶応02年 谷村(現・都留市)に絹織物の取引所を開設。
明治10年 甲斐絹織物卸業としての形態を整える。
大正02年 株式会社槙田商店を設立、本店を山梨に、東京・大阪に支店を置く 。
大正12年 関東大震災により東京支店が焼失、業容を大幅に縮小。
東京・大阪の支店を閉店する。
昭和05年 合資会社槙田商店として再発足。
昭和17年 太平洋戦争の為、企業統制を受け商売を中断。
昭和21年 個人商店として槙田商店を再開。
昭和29年 主力商品を裏地から傘生地に切り替える。
昭和31年 ポリエステル先染傘生地の製造を始める。
昭和48年 マフラーの製造を始める。
昭和53年 株式会社槙田商店を設立。服地の製造を始める。
平成01年 先染図案作成専用コンピューターを導入。
平成06年 紋作成専用コンピューターを導入。試織用工場を新設 。
平成07年 図案作成パソコンシステムを導入。
平成08年 第1織物工場を新設。
平成16年 新規の図案作成パソコンシステムを導入。
平成18年 新規の紋作成パソコンシステムを導入。
平成20年 第2織物工場を新設。
平成27年 第3織物工場を新設。

CORPORATE HISTORY

1866 opened the exchange space for silk textile in Tanimura (Tsuru city)
1877 started a wholesale business of Kaiki silk
1913 established Makita Shoten kk and put head office in Yamanashi and branch office in Tokyo and Osaka
1923 Tokyo branch was destroyed by the Great Kanto Earthquake and closed both Tokyo and Osaka office
1930 re-started Makita Shoten as a joint stock company
1942 interrupted business by the world war 2
1946 re-started Makita Shoten as private shop
1954 changed main product from liner textile to umbrella textile
1956 started weaving yarn dyed yarn polyester textile for umbrella
1973 started producing scarf
1978 established Makita Shoten Kabushiki-kaisha (kk) and started weaving garment textiles
1989 introducing yarn dyed yarn pattern designing computer
1995 introducing design layout computer and test weaving machine
1996 established 1st weaving factory
2004 introducing new personal computer system for pattern designing
2006 introducing new personal computer for design layout
2008 established 2nd weaving factory
2015 established 3nd weaving factory
  • makita1866 facebook
  • instagram
  • blog

↑ PAGE TOP